業界大手のアイフルのキャッシングやカードローン、最近は申し込み方法もいろいろ選べるようになって敷居も低くなっています。直接店舗に行くこともできますが、インターネットや無人自動契約機、電話一本で申し込むこともできます。女性専用ダイヤルもあるので、そちらのほうが女性には利用しやすいですね。

アイフルでキャッシングやカードローンを利用する際の流れは、まず「申し込み」、そして「審査」を通過して「借り入れ」、期限日までの「返済」という形になります。
順を追ってご説明します。

まず、申し込み方法に関しては冒頭で少しご紹介しましたが、その申し込みの際にはどのようなものが必要になるのでしょうか。

運転免許証など故人を証明する身分証明書はどのコースでも必須なのですが、特にキャッシングやローンのためには収入を証明する書類が必要です。証明書として有効な書類は源泉徴収票、収入証明書、給与明細書などです。これをもとに審査が行われるので、必要があれば取り寄せ、必ず最新の物を提出しましょう。ただし、給与明細の場合は直近の2か月分が必要なので注意が必要です。

収入や今までの他社からの借入金履歴などを元に使用限度額が設定されます。その範囲内であれば、ネットや電話での振り込み予約、提携ATMであればコンビニなどでも手軽に借り入れができるようになります。
貸付利率は4.5%~18.0%の間で設定されますが、特にキャッシングの場合は借入残高によって一日ごとに発生しますので、期限日前でも余裕がある時は早めに返済するようにしましょう。こうする事によって利息が減り、最終的に返済する金額は少なくて済みます。
返済期日は「約定日制」と「サイクル制」の2通りが選べます。

自分の給料日など都合のいい日を設定し、その期日の前10日間を返済期間とする約定日制。
35日を基準として返済日を設定し、いつでも好きなときに返済可能なサイクル制。

返済方法自体は借り入れ時と同様にさまざまな方法が選べますので、自分の生活スタイルに合った支払い方法と期日を選びましょう。

賢く使えばとても便利なアイフルの教育ローンやキャッシング・カードローン、上手に付き合っていきましょうね。

アイフルに似たプロミスやレイクには無利息の融資サービスがあります。